英語の習い事は何歳から始めると良い?

何をめざすか、英語教育

英語学習の方法

このコラムをシェアする

母国語と公用語

世界中には、どこの国でも「母国語」がありますが、英語はかなりの国で「公用語」になっています。
外国の人と会話するときに、相手の母国語がわからなくても、お互いにたどたどしくても英語なら通じるということがあります。
ネイティブアメリカンの英語は聞き取りにくいことが多いかもしれませんが、お互いに母国語ではない英語をゆっくり話すと通じ合ったりします。
そういう意味では、英会話ができることは良いスキルであり、物事がスムースに進むというメリットがありますね。

そうした「通じる英語」のスキルがあれば、外国人にも親しみがもてたり、友人になったり、自分の世界が広がるきっかけにもなります。
しかし、日本人はこれまでの学習経験のためか、発音や文法にしばられて、「うまく話せない」と思ってしまう人が多いのではないでしょうか?

言葉と環境

日常的な英会話は、まず聞き取れることが肝心です。
「朱に交われば赤くなる」というように、英語を覚えるしかない環境におかれたら、聴く・話すは必須になりますね。

日本語も同じことです。
親をはじめ、どこにいても日本語でコミュニケーションをとることを通して、その環境の中で自然に覚えていくのです。
先ずは聞くことからスタートしていると言えるでしょう。
子供は、始めは言葉の意味がわからなくても、口真似をしたり、生活の中で言葉(単語)と実物が合致していくのです。
「習い事は早くから始める」という親の信念のようなものがあるとして、英語教育については特別に育てたいと思わない限り、日本語で話しかけますね。
赤ちゃんは、人間としての成長・発達をすることや、環境への適応など、あの小さな体と脳みそで頑張っているのです。