英語の習い事は何歳から始めると良い?

何をめざすか、英語教育

どうして英語の学習をしたいのか

小学校では現在、週1コマの「外国語活動」を、5・6年生でとり入れています。
英語に慣れ親しむことを目的とした教科です。
文部科学省は「新学習指導要領」で、2020年度から外国語活動を正式な教科とし、小学校段階で「聞く・話す・読む・書く」の4つのスキルを得ることを目標としています。
正式教科になることによって、5・6年生は英語の授業時間が、1コマ45分で、学年を通して70コマに増えます。
週2コマの外国語活動は、3・4年生に前倒しされ、学年を通して35コマになるということです。
2019年度からの先行実施を検討している県もあります。

外国人の「英語の先生」を導入したり、学校としても対策を講じていますが、教える側の教師が苦手意識を持っている場合もあるでしょう。
子供たちに、より良いことを教えたいという熱意もあって、完璧な発音や文法を意識してしまうからではないでしょうか。

ここで、「聞く」と「聴く」の違いを確認しておきましょう。
小学生に求められているのは「聞く」で、英語に触れる、慣れるレベルです。
これは、特別に意識しなくても聞こえる、BGMと似たようなものです。
「聴く」というのは、相手が話すことを理解しようとして、意識を集中させている状態です。
ヒアリングテストや、外国人との会話などがそれにあたるでしょう。

たとえば、学校で習ったことが面白いなど、自ら英語への関心が高まると、多少の困難があっても学習を続けていけると思います。
また、どうして関心をもったか、なぜ習いたいと思ったか、その人なりの動機が肝心です。

おすすめリンク

類塾に入って結果を出すまでどのぐらい?

塾通いで結果が見えないお子さんに知ってほしい、類塾の方針をお教えします。詳しくはこちら。

類塾で発掘できる才能

お子さんの才能が気になる方、必見です。類塾でお子さんに向いている勉強を発掘してあげましょう!

類塾が評判のワケ

勉強では無く人間としての力を育む類塾!どんなカリキュラムを導入しているのか、暴露しちゃいます!

追求したい!学びたい!を類塾で叶えよう

追求力や発信力、課題に対する思考を高めるための類塾のカリキュラムで社会でも通用する人間力を養おう。

尼崎で塾に行くならココ!

塾に行くなら皆の口コミなどが良いところに行きたいですよね。尼崎で皆がおすすめしているのはココ!

「読み・書き・話す」から「聞く・話す・読む・書く」への変化

英語を覚えて何をしたいのか、させたいのかは、個人の価値観によるでしょう。 異国文化に早い時期から接することができるのは素敵なことです。 しかし、正しい日本語を使えない若者が増えていると言われます。 異国の文化以前に、自分の国の文化を知り、身につけることの方が優先度が高いかもしれません。

英語学習の方法

一口に英語教育といっても、学校で学ぶ以外にもいろいろな方法があります。 家庭教師、塾、英会話教室、ネイティブな英語を話す外国人との交流、留学などです。 英語を覚えるために、これらの中から、その人の個性や目標によって、学習方法を選ぶことになります。

日本人と英語

今のところ、学校での英語学習は、受験英語になっていることがほとんどでしょう。 従来は、中学生になってから「英語」が教科に入ってきました。 高校受験を意識して、英会話教室に通い始めた生徒もいましたが、逆に、「受験英語」にはなっていなかったそうです。